外貨預金の銀行の選び人には、次っぽいポイントがあるはずです。 ・金利(短期と長期があり、長期の方が高い傾向にあるでしょう) ・為替売買手数料 ・ネット取引が出来るか ・銀行の健全性 まず、外貨預金の魅力はなんといっても高金利です。 金利の設定は銀行によって異なっていますので、自分が選んだ通貨の金利がより高く設定されている銀行を選んだ方が有利ですね。 また、同じように為替売買手数料も、銀行によって自由に設定されています。 一般的には、ネット銀行の方が手数料も安く設定されているようですので、手数料重視で考えている場合でしたらネット銀行をオススメします。 忙しい方の場合、手続きを全て窓口で行う、というのは不便ですね。 時間外でも自由に取引出来るよう、電話やATM、またネットが利用出来る銀行を選んだ方が便利でしょう。 日本の銀行が破綻した場合、日本での日本円の預金は「預金保険制度」によっても保護されるようになっていますが、外貨預金の場合であれねこの預金保険制度の対象外と言われています。 つまり、銀行が破綻するリスクにも備えなければならないという訳です。 最近ではネットで情報公開している銀行もありますので、それらの情報を考慮して信頼出来る銀行を選択する必要がありますねー