いびき対策の枕は横向きになりやすいもの

いびき対策の枕は横向きになりやすいもの

いびきの原因として、あおむけの状態が続くこととされています。枕の中には横向きになれるものが良いとされます。寝返りがしやすいものも良いですし、横を向いた状態がキープできるものもあります。形や硬さが通常のものと異なります。

寝返りがうちやすくなっているタイプ

寝ているときに自分自身がどんな状態かを意識している人は少ないでしょう。寝相がものすごく悪い人がいますが、自分自身では気がついていません。いびきが非常にひどい人もいますが、自分では気づかず、パートナーにいわれてはじめて気づくこともあります。男性だけでなく女性にも多いとされています。対策としては横向きになりやすい枕が良いとされていて、寝返りがうちやすいものを選びます。寝ている間には、同じ姿勢で負荷がかかりすぎないように寝返りを良く打ちます。上を向いているとかきやすくなりますが、横を向いているとかきにくいことが知られています。

横を向いた状態をキープできる商品

記事のイメージ画像

夜に寝ているときの姿勢として、うつ伏せはあまりよくないとされます。息がしにくくなるので何となくはわかります。では仰向けならよいかです。多くの人が取っている姿勢なので一見よさそうです。しかしあまりよくないとの意見があります。仰向けだと軌道が狭い状態になりやすくなります。それがいびきの原因になっている場合があります。そこで利用したいのが、横向きをキープできるタイプの枕です。形は少し変わっています。アルファベットのUやJを逆にしたような形です。その頂点部分に頭を置き、その時に横を向きます。これだと横を向いた状態をキープできるので、悩まなくて済みます。

硬さを変えて固定しやすくなっている

一般的な枕は、長方形タイプです。そして硬さなどは均等になっています。ですから寝返りがうちやすくなっています。寝返りがうちやすいのは良いですが、人によっては仰向けの状態でキープされることでいびきをかきやすくなる場合があります。気になる場合は横向きになりやすい枕を選ぶのが良いとされます。硬さが異なるタイプがあり、こちらであれば同じ姿勢をキープできます。つまりは、横を向いた状態で寝た時、その状態が維持できる仕組みです。頭を置く部分が軟らかめで、それ以外は少し硬めになっています。ですから、動かしにくいです。寝ているときは楽な状態を維持することが多いです。

まとめ

いびきは、自分ではあまりわからず、パートナーに迷惑をかけていることが多いです。解消のために横向きをキープできる枕を利用しましょう。軌道が狭くなりにくい為に、呼吸がしやすくなります。ですからかきにくくなります。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

いびきの対策商品やグッズで効果を得る
多くの人の悩みのタネであるいびきというものは実は枕の高さが原因になることもある
いびき対策の枕の効果は昼間の活動がしやすい
枕を変えていびきや肩こりを軽減したい
いびきのメカニズムを知ると枕選びもわかる
いびき改善枕はレビューを参考にするとは
夫から「いびきがうるさい」と指摘されたときに購入するべきアイテムとは
いびきが恥ずかしいなら枕を変える
気になるいびきを何とかしたときその原因である気道を広げることができる枕を選ぶこと
いびきの音を感知して自動的に膨らむ枕
枕の角度を変えていびきを解消しましょう
いびきに効果的な枕は通販でも買える
いびきに悩んでいるなら専門店で枕を探そう
いびきに対して低反発枕は効果がある
いびきで悩んでいるなら費用を気にせず枕を選ぼう
いびき改善枕は衛生面に配慮してあるものが人気となっている
枕を変えることでいびきが軽減され安眠できる
睡眠中のいびきは枕を弾力感のあるものに変える必要がある
悩ましいいびきを個人差など関係なく、枕で解決させる
枕を変えるだけでいびきが改善!即効性もある。
いびき対策用の枕とサプリを併用
不快ないびきはストレスが原因の一つ
いびきを改善して、熟睡するための枕を選びましょう
横向き寝はいびきがかきにくい姿勢