睡眠中のいびきは枕を弾力感のあるものに変える必要がある

睡眠中のいびきは枕を弾力感のあるものに変える必要がある

成人の頭の重さはなんと約5キロもあるといわれています。頭の重みを支えるために枕は重要な働きを任されています。たかがまくらではありません。微妙な高さの違いや弾力感で睡眠の質も変わります。適切に選ぶ必要があります。

人間の頭は約5キロもあるのでとても重い

普段立ったり歩いたりしているときも常にこの重い5キロの頭を支えています。ですから睡眠時間に横になったときに、頭の重さを吸収して、首と肩の負担を軽減させる役目があります。また、頭を高くすることで、血流を下げることができます。しっかりと頭を休めて眠る効果もあります。しかし、もし、自分に合っていないものを使っていると、休めているはずの身体が休まるどころか、余計に身体に負担をかけてしまいます。そして、睡眠時の呼吸にも影響を与えるので侮れません。自分に合っていないと気道が狭くなってしまい、空気を振動させ、いびきをかきやすくなります。

いびきを予防するためにはどんな枕がよいか

記事のイメージ画像

寝ている時にいびきを軽減させるには、仰向けで寝るより、身体を横に向けるほうが良いです。横向きの体勢を前提とした体にフィットした弾力感のあるものを選ぶことが基準です。実際の目安は、横向きになる際の肩幅を計算して、仰向けの状態で使用する頭の高さが約1センチくらいプラスになるくらいです。ただ、実際に素人が計って正しい高さかどうかを知るのは難しいです。最近では専門スタッフがいる店もあるので、相談して、自分のために調節して作るのが安心で確実です。また、枕だけでなくマットレスや敷き布団を変える時には高さも変わってくるので注意が必要です。寝具を選ぶ際には身体に合った敷き布団やマットレスを選ぶようにしましょう。

自分でも出来る適切な高さの調べ方

お店に出向き、専門のスタッフに計測してもらうのが早道ではありますが、自分でも確かめる方法はあります。必要なものはタオルケットや厚手のバスタオルです。普段使っている枕の下に、タオルケットか厚手のバスタオルを敷きます。それだけでも少し高さが出ます。まずは一日目は、これで睡眠を取ってみましょう。もし、これで少しでも軽減されたかどうかを確かめます。その際は家族の協力や、録音などをする必要があるかもしれません。もし、少し高さを高くしても変わらなければ、低くする方が良いでしょう。また素材も大切です。羽毛や羊毛など柔らかいと沈んでしまいますし高さが簡単に変わってしまいます。プラスチックやそばがらなど固い弾力感のあるものが良い素材です。

まとめ

質の良い睡眠をとるだけで悩みが軽減されるかもしれません。一度試してみる価値はあるでしょう。本人だけの問題ではなく、家族にとっても迷惑な問題の一つで睡眠を妨げられます。改善させる手段の一つとして一度自分の使っている枕を見直すことはとても大切なことです。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

いびき対策の枕は横向きになりやすいもの
いびきの対策商品やグッズで効果を得る
多くの人の悩みのタネであるいびきというものは実は枕の高さが原因になることもある
いびき対策の枕の効果は昼間の活動がしやすい
枕を変えていびきや肩こりを軽減したい
いびきのメカニズムを知ると枕選びもわかる
いびき改善枕はレビューを参考にするとは
夫から「いびきがうるさい」と指摘されたときに購入するべきアイテムとは
いびきが恥ずかしいなら枕を変える
気になるいびきを何とかしたときその原因である気道を広げることができる枕を選ぶこと
いびきの音を感知して自動的に膨らむ枕
枕の角度を変えていびきを解消しましょう
いびきに効果的な枕は通販でも買える
いびきに悩んでいるなら専門店で枕を探そう
いびきに対して低反発枕は効果がある
いびきで悩んでいるなら費用を気にせず枕を選ぼう
いびき改善枕は衛生面に配慮してあるものが人気となっている
枕を変えることでいびきが軽減され安眠できる
悩ましいいびきを個人差など関係なく、枕で解決させる
枕を変えるだけでいびきが改善!即効性もある。
いびき対策用の枕とサプリを併用
不快ないびきはストレスが原因の一つ
いびきを改善して、熟睡するための枕を選びましょう
横向き寝はいびきがかきにくい姿勢