いびきの対策商品やグッズで効果を得る

いびきの対策商品やグッズで効果を得る

いびきの原因は、気道が確保されていないこととされています。医療用の気道確保の装置であれば、それなりに効果があります。口を無理やり閉じて、鼻呼吸ができるものを利用すれば、口からの音を遮断することができます。

口にテープを貼って口が開かないようにする

呼吸をするとき、どこを使って行うかです。多くの人は口を使って行うと答えるかもしれません。実は口は呼吸をするのには適さないとされています。本来は鼻で行うとされています。生活習慣で口で呼吸をするのに慣れていると、常に口で呼吸をするようになってしまいます。それがいびきの原因になることもあります。対策としては、口にテープを貼る方法があります。出血止めのテープでも良いですが、最近は専用のテープも売られれるようになりました。効果は、口呼吸が減り鼻呼吸になりやすくなります。口で呼吸をしないので、当然ながら口から音が漏れることなく、パートナーにも聞こえません。

ウエストポーチやリュックを装着して寝る

夜に寝るときは、できるだけ楽な格好をした方が良いとされます。リラックスした状態でないと、なかなか休むことが出来ません。しかし、いびきがうるさいと言われるときは、リラックスしすぎるのも良くないかもしれません。対策として、ウエストポーチを装着するようにします。単に装着するのではなく、中にものをたくさん入れて行います。効果として、仰向けが維持されにくいようになります。普通に寝ていると仰向けで寝てしまいますが、背中や腰にものがあると仰向け状態では寝られません。自然に横を向いたまま寝るので、気道が確保されやすくなります。迷惑をかけずに寝られるようになります。

気道確保のための救命救急具として生まれた

何らかのトラブルが発生した時、負傷者などが多く出ることがあります。自力で動ける人もいれば、動けない人や呼吸がしにくい人もいます。気道を確保する必要がありますが、そのための装置や器具があります。これによって、何とか息ができるようになります。いびきの対策用品として、救命救急具から生まれたものが知られています。今は医療用器具として、医療機関などで購入できるようになっています。鼻からチューブのようなものを入れ、気道と直接つながるので、呼吸がしやすくなる効果があります。これによって、音もしなくなります。毎日交換する必要があります。

まとめ

いびきの対策のためのグッズや方法があります。寝返りを打たなくなるような方法であったり、口にテープを貼って口呼吸ができなくなるようなものもあります。元々救命救急具として使われていたものを応用した商品もあります。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

いびき対策の枕は横向きになりやすいもの
多くの人の悩みのタネであるいびきというものは実は枕の高さが原因になることもある
いびき対策の枕の効果は昼間の活動がしやすい
枕を変えていびきや肩こりを軽減したい
いびきのメカニズムを知ると枕選びもわかる
いびき改善枕はレビューを参考にするとは
夫から「いびきがうるさい」と指摘されたときに購入するべきアイテムとは
いびきが恥ずかしいなら枕を変える
気になるいびきを何とかしたときその原因である気道を広げることができる枕を選ぶこと
いびきの音を感知して自動的に膨らむ枕
枕の角度を変えていびきを解消しましょう
いびきに効果的な枕は通販でも買える
いびきに悩んでいるなら専門店で枕を探そう
いびきに対して低反発枕は効果がある
いびきで悩んでいるなら費用を気にせず枕を選ぼう
いびき改善枕は衛生面に配慮してあるものが人気となっている
枕を変えることでいびきが軽減され安眠できる
睡眠中のいびきは枕を弾力感のあるものに変える必要がある
悩ましいいびきを個人差など関係なく、枕で解決させる
枕を変えるだけでいびきが改善!即効性もある。
いびき対策用の枕とサプリを併用
不快ないびきはストレスが原因の一つ
いびきを改善して、熟睡するための枕を選びましょう
横向き寝はいびきがかきにくい姿勢