不快ないびきはストレスが原因の一つ

不快ないびきはストレスが原因の一つ

いびきをかいていると、一緒に寝ている人が不快で眠れないだけでなく、酷い場合は自分のいびきで自分が起きてしまうということも起こり得ます。そしていびきの原因は三つありますが、その中で最近問題視されているのがストレスです。

枕が合わない場合と筋力が衰えた場合

いびきをかいてしまう一つ目の理由は、枕が合っていない場合です。そもそもこれは、寝ている時に気道が締め付けられてしまうことによって起きますが、枕が合っていないと気道が確保されないのでこれをかいてしまいます。また二つ目の理由は、筋力の衰えです。もともと歯列が悪かったり顎が小さく、舌がのどを塞いでしまうような人や、のどちんこが大きい人で、さらに上気道の筋肉が弱ってくると、気道が狭くなることで喉で音がするようになってしまいます。しかしこれらの場合、きちんと自分に合った枕を購入することで不快ないびきを防ぐことができます。

ストレスもいびきの原因になりうる

そして三つ目の原因がストレスです。これがなぜ問題視されているのかと言うと、ストレスは回避が難しい上、悪循環になるからです。現在はストレス社会と言われ、職場や人間関係でどんどん溜まりますが、それを発散できずにいると、疲れにより筋肉が緩みます。さらにストレスによる神経の乱れから多くの酸素を欲するようになり、鼻呼吸ではなく口呼吸をするようになって、結果いびきになります。そして悪循環というのは、これによって他の人に迷惑をかけたり眠れなくなって寝不足になると、さらにその不快感からストレスが溜まるという繰り返しになるということです。

どうすればこうした状況を回避できるか

こうした場合のいびき対策は、枕を変える以外にもあります。まずは原因となっているストレスを溜めないことです。趣味などで上手く発散することが一番です。そしてストレスによる酸素欠乏を回避するために、寝る前に深呼吸をしましょう。深呼吸を鼻から吸い、口から吐くことで体と頭に酸素が行き渡ります。また、筋肉弛緩によって上気道の筋肉が落ちてくるのを防ぐために、横向きに寝るのも方法の一つです。横向きに寝れば、もし筋肉が弛緩しても気道を塞がずにすみます。以上のように、対策できることはたくさんあるので試してみましょう。

まとめ

いびきは不快なもので、治したい症状です。しかしストレスを溜めないことは、現代社会では難しいです。なら、それを発散する対策と気道を確保する対策が効果的です。またこれでも治らないなら、いびき外来で診てもらうのも手です。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

いびき対策の枕は横向きになりやすいもの
いびきの対策商品やグッズで効果を得る
多くの人の悩みのタネであるいびきというものは実は枕の高さが原因になることもある
いびき対策の枕の効果は昼間の活動がしやすい
枕を変えていびきや肩こりを軽減したい
いびきのメカニズムを知ると枕選びもわかる
いびき改善枕はレビューを参考にするとは
夫から「いびきがうるさい」と指摘されたときに購入するべきアイテムとは
いびきが恥ずかしいなら枕を変える
気になるいびきを何とかしたときその原因である気道を広げることができる枕を選ぶこと
いびきの音を感知して自動的に膨らむ枕
枕の角度を変えていびきを解消しましょう
いびきに効果的な枕は通販でも買える
いびきに悩んでいるなら専門店で枕を探そう
いびきに対して低反発枕は効果がある
いびきで悩んでいるなら費用を気にせず枕を選ぼう
いびき改善枕は衛生面に配慮してあるものが人気となっている
枕を変えることでいびきが軽減され安眠できる
睡眠中のいびきは枕を弾力感のあるものに変える必要がある
悩ましいいびきを個人差など関係なく、枕で解決させる
枕を変えるだけでいびきが改善!即効性もある。
いびき対策用の枕とサプリを併用
いびきを改善して、熟睡するための枕を選びましょう
横向き寝はいびきがかきにくい姿勢