横向き寝はいびきがかきにくい姿勢

横向き寝はいびきがかきにくい姿勢

いびきは寝ている姿勢で変わってきます。就寝中にはノドの周りの筋肉が緩んでいます。仰向けで寝ていると上気道を狭くしてしまい空気の通り道が狭くなってしまうため、気道を確保するためにも横向き寝にすると改善することができます。

仰向けから横向きに変えてみると改善になる

記事のイメージ画像

いびきの原因は寝ているときの姿勢にも大きく関係しますが、特に仰向けで寝ることが原因となります。普段の寝姿をかきにくい姿勢に変えるだけで改善する場合があります。仰向けは空気の通り道の上気道が狭くなって空気が通過することときに粘膜が振動していびきが発生します。寝てるときにはノド周りの筋肉が緩んだ状態で、仰向けで寝ていると下の付け根が重力でノドの奥にと落ち込みやすく上気道を狭くしてしまってます。寝仰向けで寝ていることが原因でいびきが発生するためには横向き寝に変えるとかきにくい姿勢となります。横向き寝は舌が左右どちらかが下になって片寄り、上気道が確保されるため呼吸がしやすくなります。

横向き寝をサポートするおすすめのアイテム

長年仰向きに寝ている人にはいびきが改善する横向き寝は難しいですが、枕の片方にタオルを入れると横向き寝をすることができます。タオルを入れて枕を斜めにする方法で自然と体が斜めになって上気道の狭くなってしまうことを防ぐことができます。横向き寝をサポートしてくれるいびき防止用の枕もありますし抱き枕を使ってもいびき予防に役立ちます。抱き枕は体圧を分散させて横向き寝をサポートしてくれます。抱き枕には形や素材など種類が豊富に販売されていて自分のお気に入りのタイプを探すことができますが特に足を絡めるタイプを利用すると横向き寝の姿勢が楽にできます。

より自然な首の角度になるように調整する

いびきがかきにくい姿勢として、横向き寝でさらに右下向きが理想的といわれています。右側にある肝臓を下向きにし心臓が圧迫されにくい身体が楽な姿勢が理想的なため右下向きが理想的といわれています。ただしいびき予防として横向き寝を取り入れる場合には細かくこだわり過ぎる必要はありません。個人差がありますが、人間は一晩20~30回寝返りを打つため、寝るときに右向きに寝ていても寝返りを打つと左向きになります。予防としておすすめの横向き寝の姿勢で注意が必要なのが首の骨に負担をかけないという点です。枕が低すぎても高すぎても首の角度が不自然となってしまいます。負担をかけないよ、できるだけ肩と首の角度は90度になるように調整します。

まとめ

普段仰向けで寝ていていびきが気になっているときには、横向き寝にすると改善する場合が多いです。長年仰向けで寝ていると横向きでは寝にくくなりますが、横向き寝のサポートとしてタオルを利用したり抱き枕を利用してみることがおすすめです。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

いびき対策の枕は横向きになりやすいもの
いびきの対策商品やグッズで効果を得る
多くの人の悩みのタネであるいびきというものは実は枕の高さが原因になることもある
いびき対策の枕の効果は昼間の活動がしやすい
枕を変えていびきや肩こりを軽減したい
いびきのメカニズムを知ると枕選びもわかる
いびき改善枕はレビューを参考にするとは
夫から「いびきがうるさい」と指摘されたときに購入するべきアイテムとは
いびきが恥ずかしいなら枕を変える
気になるいびきを何とかしたときその原因である気道を広げることができる枕を選ぶこと
いびきの音を感知して自動的に膨らむ枕
枕の角度を変えていびきを解消しましょう
いびきに効果的な枕は通販でも買える
いびきに悩んでいるなら専門店で枕を探そう
いびきに対して低反発枕は効果がある
いびきで悩んでいるなら費用を気にせず枕を選ぼう
いびき改善枕は衛生面に配慮してあるものが人気となっている
枕を変えることでいびきが軽減され安眠できる
睡眠中のいびきは枕を弾力感のあるものに変える必要がある
悩ましいいびきを個人差など関係なく、枕で解決させる
枕を変えるだけでいびきが改善!即効性もある。
いびき対策用の枕とサプリを併用
不快ないびきはストレスが原因の一つ
いびきを改善して、熟睡するための枕を選びましょう